借入・返済計画を立てておこう

借入とは同時に返済という責任を持つことなります

TSUCH160130540I9A6568_TP_V

借入の際にはしっかりとした返済計画を持ちましょうとは、銀行カードローンや消費者金融のCMではお馴染みのセリフですが、このセリフの本当の意味を理解している人は非常に少ないというのが現実です。この何気ないわずか数秒のセリフの意味さえ知っていれば、多重債務者が社会問題化することもなければ、債務整理を選択する人が増加していくこともないのです。それほど重要なのが、しっかりとした返済計画を持つということなのです。(借入の体験談まとめ

債務整理の一つに個人再生がありますが、この個人再生が裁判所に認められるためには、再生計画を提出し、裁判所や整理する金融機関などに再生計画を認めてもらう必要があります。それくらい徹底的にやられるのですが、残念ながら、銀行カードローンや消費者金融の利用の場合には、返済計画は自己管理となりますので、この最も重要なポイントを自分で管理しなければならなくなっているのです。従って、金融業者のしっかりとした返済計画を持ちましょうという言葉は、非常に重要でありますが、見方によっては、利用者にのみ重要な問題を押し付けているという風にも思えます。

そもそも借入とは、同時に返済するという責任を持つことになりますので、返済計画を作るのは当たり前なのですが、現在のように即日融資や審査時間最短30分、あるいは無利息サービスなどが提供され、気軽に申し込めるような状態では、そこまで借入に対して真剣に考える人も少なく、従って、しっかりとした返済計画が作られることはほとんどないわけです。

しなしながら、この返済計画がないと後々困った状態となる可能性も高いのです。ボーナスなどで一括して完済できるような当てがあればよいのですが、そのような当てがなく長期返済ということになると、重い利息負担がのしかかってくることになります。この段階では、しっかりとした返済計画が必要なのですが、これがないために借金が雪だるま方式で増加していくことも多くあるのです。借金とは、借入と同時に返済を併せ持つ諸刃の剣でもあるのです。

借入金利を理解しておく必要性とは

00_PP27_PP_TP_V

借入金利はお金を借りるときに重要になりやすく、このような事について理解をしておけば問題が起こりづらいです。お金を借りた時の金利は以前はバラバラなところがあったため、利用する金融機関によって負担の差が存在していました。最近はそのような問題が解消されつつあるので、今はどの金融機関を利用しても軽い負担でお金を借りられます。

金融機関からお金を借りるときは金利負担が発生しますが、その負担は利用する人によってある程度変動します。例えば収入が多く安定した仕事をしている人の場合は、不安定な仕事をしている人に比べて金利の負担が小さくなりやすいです。そういう所があるので大手企業や公務員の人は、金融機関でお金を借りても負担が軽い特徴があります。

ただ収入が少ない人でも低金利でお金を借りられることはあり、それは金融機関を長期間利用して信頼を得ることです。金融機関は長期間支払いで問題を起こさない人を評価するので、そういう対応をしておけば金利の負担を下げてくれることがあります。そのような形ならば収入が少ない人でも対応ができますから、低金利でお金を借りたいときは利用してみるのも手です。

借入金利は法律でどの程度にするのかが定まっているので、過剰に高くなることは基本的にはありません。ただ特殊なお金を借りる方法の場合は、法律が適用されないこともあるので注意が必要になります。
しかし一般的なローンならばそのようなことはありませんから、普通に金融機関でお金を借りるときは低金利で利用ができます。金融機関からお金を借りるときは返済計画についても考えておくと、無理のない借金の返済をすることができます

借金は効率よく返済をしないとうまく減らないものですから、そういうことについては計画的に対応をする必要があります。ただ借りたお金を返すときは金利の負担も考える必要があり、そのようなことまで考えて計画を考えるのは負担が大きいです。そのようなことが気になる場合は金融機関の店舗まで行って、どういう形では返済をすればよいのか相談をすると対応がしやすくなります。

銀行や消費者金融での借入返済で気をつけるべきこととは?

hongkongDSC02636_TP_V (1)

私たちの暮らす毎日は出費の連続です。毎月の自宅の家賃や生活費、食費、公共料金、各種保険料などの支払いから、仕事上の飲み会や接待の費用捻出、家族揃って出かけるレジャーや外食、旅行費、趣味やグルメ、ファッション、美容に関する出費に至るまで、その可能性は実に様々。もちろん、それらを支払う過程ではお金が不足し、自分一人の力ではどうにもならなくなってしまうケースもあるでしょう。そのような時には銀行や消費者金融を活用して借入契約を結ぶとスピーディーかつ手軽に必要金額を手にすることが可能となります。

借入方法としては少額融資であればネットや電話などで手軽に申し込むことができるキャッシング、数十万から数百万の金額をATMから借入できるカードローンなどであれば審査時間も最短30分ほどで完了できることから急ぎの際に最適です。それ以上の金額になればおまとめローンや目的別ローン、不動産担保ローンなど審査にも手間暇が必要となるので1、2週間の時間が必要となるケースがほとんどです。

これらの便利な借入サービスを利用すると、言うまでもなく返済の義務も発生します。多くの場合、毎月の返済日までに事前に規定された金額をきちんと返さなければなりません。その方法としては指定の口座からの自動引き落としや口座振り込み、さらにATMなどから手軽に返済できたり、店舗窓口で現金にて返済できるタイプのものもあります。各銀行や業者によってその方法は様々ですので、必ず事前に確認した上で契約しなければなりません。

一方、もしもこの返済日までに入金が確認できない場合、遅れた日数の分だけ通常の利息に加えて遅延損害金が加勢されることになりますのでトータルの返済金額はさらに増していくこととなります。また、それでも返済されない場合には金融業者側からは自宅や勤務先などに返済を催促する電話がかかってくるケースも多く、家族や会社の同僚に借金トラブルについてバレてしまうことにもつながりかねません。またこれらの事態が長期化したり頻発すると信用情報機関にもその旨が記録され、信用情報に傷を残すこととなるので注意が必要です。

借入金と可能額について

お金を借りる方法として一般的なのが、銀行や消費者金融を利用する方法です。この時に覚えておかなければいけないのが、利用をすれば無限にお金を借りる事ができるという訳ではないという事です。借入の可能額というのは、その人の年収や条件によって変わってきます。年収によって利用できる借入金の金額が大きく変わるのが、消費者金融です。

消費者金融は年収の1/3以上の金額を貸す事ができないという、総量規制の対象となっています。ですから、審査を受けて借入ができるようになった時、借りる事ができる金額の上限は年収の1/3までとなります。ただ、審査を受けてすぐに年収の1/3まで借りる事が可能になるかといえばそうではなく、その人の希望額や年収等の条件に合わせた限度額が設定されます。

限度額は50万円以下で設定される事が一般的で、審査を受けてすぐに年収の1/3まで利用可能になるという事はまずありません。年収の1/3までの金額を借入したいのであれば、業者との信頼関係を築き、その後、増枠審査を受けていく事になります。この総量規制は1つの業者で年収の1/3までというものではなく、複数の業者を利用した場合でも、その合計の上限が年収の1/3までとなります。

それに対して、銀行というのは総量規制の対象外となる為、年収の1/3を超える金額であっても、銀行がそれぞれ設定している上限額までであれば利用可能となっています。ただ、勿論、銀行も審査の際に限度額を設定する事になります。その為、審査を受けてすぐにその上限額まで利用可能になるかといえばそうではなく、上限額まで利用できる人というのは、利用者の中でもほんの僅かの人だけとなります。
ただ、年収の1/3以上の金額を借りたいと考える状況になった時、銀行であれば対応して貰える可能性があります。ですから、将来的に多くのお金を借りたいと考えているのであれば、高額借入も可能な銀行を考えておくと良いでしょう。

 

 

 

近頃は賃金業者のキャッシングも基準は少々厳しめ

gori0I9A3105072103338_TP_V

人々は、しばしば借りれるか否かを気にしています。借りる事を希望していても、借りる事ができないのでは意味が無いでしょう。ですので基準が甘い会社を色々とお探しの方々も、珍しくないのですね。 ところで金融関連の会社から借りるとなると、主に2つの選択肢があります。銀行もしくは賃金業者のどちらかになるのです。

その2つのタイプの会社は、比較される事が非常に多いですね。後者の会社の場合、スピードに関するメリットがあるので、前者よりは使いやすいと思っている方も多いです。 それと後者のタイプの場合、前述の審査の難易度に関するメリットがあります。金融機関などに比べれば、難易度は比較的低いとの声が根強いのですね。 確かに、そのような一面はありますね。

金融機関でお断りになってしまった方が、賃金業者で改めて申込をした結果、通っている事例もあるからです。 ところがここ最近は、ちょっと状況が変化してきているようです。確かに一時期は賃金業者の基準は少々低めだったのですが、最近は少々厳しくなっているようなのですね。 その理由ですが、申込の件数です。

そもそもなぜ賃金業者の基準が甘かったかと申しますと、まだ顧客数が少なかったのです。やはり金融会社としては、1人でも多くの顧客を獲得したいと思っているのですね。それで多少基準を甘めにして、少しでも多くの方々を確保しようという姿勢になっていたのです。

ところが月日が経過すれば、もちろん顧客数も増加する傾向があります。現在では十分な顧客数が確保できたので、今度は基準を厳しくしている賃金業者も多いようですね。特に創業年数が長い賃金業者などは、その傾向が顕著です。

ですので最近は、金融機関と賃金業者の差は、ちょっと縮まりつつあると言われています。しかも最近の銀行は、だんだんとスピードも早くなってきているのです。手数料の低さなどを考慮すれば、前者によるキャッシングの方がメリットが大きいかもしれませんね。

 

 

キャッシングでは拡張に伴って再度の審査になる事も

MOK_kyouhei-kijyounohuukei_TP_V

人々は、たまに普段よりも借りれる額を増やしたいと思うことがあります。その1つが枠の拡張なのですね。 そもそも金融会社で申込をしますと、必ず借りれる枠の範囲が決定されることになります。もちろん借りれる額は、その枠内に限定されるのですね。枠が30万と決定された時は、20万円台や30万などで借りる事はできます。しかし31万以上の場合は枠外となりますので、借りるのは困難ですね。

ところが私達の生活は色々と変化します。状況によっては、30万の枠では不足だと思うケースもあるのですね。 その場合、電話が大きなポイントになる事があります。なぜなら枠の拡張に伴って、電話確認が発生する事もあるからです。

そもそも枠を拡張する時には、人々の状況は変化している場合があります。例えば新規申し込みをしていた時には、A社で勤めていたとします。ところが人によっては、転職をしている事もあるのですね。枠を拡大したいと思っているタイミングでは、B社に転職をしている事もあります。

そして転職に伴い、収入の安定度が変化していることもあります。A社の場合は収入状況が安定していたものの、B社に移ったらそれが不安定になるケースも、まれに見られるのですね。お勤め先が変化すれば、状況も大きく変わってくるものだからです。もちろん金融会社としては、収入の安定度を求めているものです

ですので金融会社としては、枠の拡張の申請が生じると、改めて在籍確認を行う場合があります。つまり再審査が行われるのですね。新規申し込みをすれば今後は審査が発生しないかと言われれば、そうとは限らないのです。

ですが、それも会社次第です。会社によっては、たとえ増額になるとしても、改めて審査をする必要はないと思っている場合があります。いわゆる賃金業者の場合は、再審査を行う確率は、比較的低い傾向があるようですね。逆に銀行などの場合は、枠の拡張の申請が生じた時には、かなりの確率で再審査を行っているそうです。

 

 

質問に対する回答はキャッシングでは重視されるか

PAK153130225_TP_V

私たちが金融会社のお世話になる時には、しばしば質問されます。特に新規申込の段階では、質問されるケースが非常に多いのですね。その質問内容によっては、金融会社の商品が利用できない事もあるので、要注意です。

例えば預金商品などはその1つなのですね。私たちが銀行にお金を預ける時には、もちろん行員の方に声をかけるでしょう。それで窓口のカウンターに行き、所定の手続きを行うのが一般的です。カウンターに行って、紙媒体の申込書を記入した方々も多いでしょう。

ところでその窓口の担当の方から必ずと言って良いほど理由を聞かれるのですね。実は預金商品では、その理由に対する回答内容がかなり大切です。 というのも最近の銀行は、口座を作ろうとしている方々に対する警戒感を強めているようなのですね。色々と事件なども発生しているので、それを防止する目的でカウンターで質問をしている事が多いようです。

つまり窓口担当者の質問に対する回答内容によっては、お断りになってしまう事もあるのです。それは預金商品の特徴の1つと言えます。

ところでキャッシングの場合はどうなるのかと申しますと、基本的には理由は聞かれます。どのような目的で借りたいのか等と、電話で質問してくる会社もあるようですね。その回答内容によっては、落とされる事もたまに有るそうです。 しかしその質問に対する回答内容は、普通預金の商品に比べると、重要度は低いと考えて良いでしょう。というのも目的が異なるからです。

キャッシングという商品は、もちろんお金を借りる事が目的ですね。ですので金融会社の担当者としては、質問に対する回答内容というより、むしろ所得の安定度などを重視している傾向があります。つまり安定性の方が、回答内容よりも優先順位が高い訳ですね。普通預金とは、審査の基準が少々異なるわけです。 ただし金融会社によっては、そもそも質問をして来ない事もあります。会社によって基準も異なる訳ですね。

 

 

手軽に、便利に、そして素早く、欲しいと思う現金が手にできる。

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

普通に暮らしていれば、案外、なんでもなさそうなことなのかもしれませんが、お金というものがいきなり足りなくて困るときってありますよね。たとえば一人暮らしなら光熱費が思ったよりも高くついたとか、今月ちょっと使い過ぎたとか。そういうことって必ずあると思うのです。回りくどい言い方になってしまうけれど、そういうお金が足りなくなってしまったとき、いったいどんな解決法があるかという問題です。

まずは、こう考えてみたらどうでしょう。現代にはキャッシングサービスという便利なものがあります。これを上手に利用するということ。確かにキャッシングは借金なのですが、これを賢く使えば、暮らしをもっと豊かにすることだってできるのですね。なにかの支払いで現金が足りないとき、やっぱりこうした支払いの遅滞はいけません。きちんと払わないと人間性を疑われますから。そういうときにキャッシングは強い力になってくれるのですから。

言いたかったことは、簡単なことだったのです。計画的に利用するならば、いくら借金でも、キャッシングサービスはとっても頼りになる、ということ。もちろん、借入を行なう前にはちゃんと返済のことまでしっかりと考えた上でないといけない。あと何日すれば全額返済できるからとか、そういう計画の上でないと危険です。

キャッシングサービスはさまざまなメリットはあるけれど、裏を返せばそれらのメリットはすべてデメリットにもなりかねない。しかし、このテーマの明るい情報は、手軽に、便利に、そして素早く、欲しいと思う現金が手にできる、ということ。この上ないサービスだと言えるのではないでしょうか。

現代にはこんなサービスも存在していたのですね。なんとなく不思議な気もいたしますが、事実なんです。そりゃあ、キャッシングなんて何度も耳にしたことはありますが、実際に利用したことがなかった。そういう方には特におすすめしたいサービスなのです。でも、くだいようですが、ご利用は計画的に、です。

 

 

固定型ではなく変動型になるキャッシングの手数料

PAK23_notedentaku20140312_TP_V

銀行では、しばしば人々にお金を貸しています。そして金融機関による商品には、主に2つのパターンがあるのですね。手数料が変わるタイプと、そうでないタイプがあります。 例えばマイホームを購入するとしましょう。当然ですが、住宅はまとまったお金が必要になります。物件によっては、1億円ほど要する事もあるのです。

それだけまとまったお金となると、やはり手数料は軽視できませんね。1%の手数料の差だけでも、相当な金額になってしまいます。 それでマイホームに対する融資商品の場合、たいてい手数料は2種類あるのですね。今後長きに渡って固定されるタイプと、変動する見込みがあるタイプです。

例えばある時の手数料が、1%になっているとしましょう。それで固定タイプの場合は、基本的にその1%という数字から動かないのですね。ところが後者の変動タイプの場合は、1.2や0.8などと、変動する可能性を秘めています。 どちらの方が好ましいかは、今後の金融情勢次第でもありますね。

もしも今後手数料が下落する可能性がある場合は、かえって変動タイプの方が望ましい一面もあります。もちろんその逆のパターンもあるので、今後の展望などを分析するのは、なかなか大切だと思うのですが。 それでキャッシングの手数料なのですが、いわゆる変動タイプに該当します。金融情勢によって、手数料が変化するタイプになるのです。 現に数年前は、その商品の手数料は20%を超えている事が多かったのですね。

ところが最近色々な理由によって、現在ではほとんどの賃金業者でも、最高が18%程度になっています。遅延金が生じても、せいぜい20%程度になるのです。 ですので今後も、そのキャッシングの手数料が変動する可能性はあります。現在は18%になっていても、今後は最大16%になるかもしれません。

逆に上昇する可能性もあります。もちろんどちらに転ぶかは、金融情勢次第でしょう。 ただ最近は、ちょっと緩和の傾向が見られますね。個人的には、その金利は低くなっていくのではないかと予想します。