ビットバンク好きの名古屋人が仮想通貨に挑戦ブログ

まずはリップルをビットバンクで買おう!

ランキングキャンペーン

ビットバンクではリップルの出来高キャンペーンなるものを開催しており、取引量ランキングを公開して賞金を出している。このランクにのるには670万XRPを買わないとトップ10入りしないのでかなり厳しいが、リップルがいかに安く買えるかを提示しているようなものだ。

日本国内ではリップルを板で買うにはビットバンクでしかなく、さらにこれからライバルの取引量も取り扱う可能性が高く、需要は伸びていくことが予想される。

ビットバンクのセキュリティ

2018年に入っておきたコインチェックのNEM流出事件、取引所のセキュリティをユーザーが心配になるきっかけであった。ビットバンクは大丈夫なのかと心配になるかたもいるだろうが、ビットバンクはbitFlyer並に強固なセキュリティを引いている。大手サイバーもこれから仮想通貨取引に参入しているが、ビットバンクのシステムを借りて事業を始めるという。これほどの信頼があれば、資産をある程度安心して預けることができる。

せっかくここまでやっているのにビットバンクの訴求が弱いというのが残念だ、大手でないから広告にもそこまで力を入れていないためCMを打たない。ホームページにもあまり強いメッセージがないのも残念だが、露骨なメッセージがないのは好感が持てるかもしれない。ここらへんは温かく見守るしかない。

まとめ

ビットバンクは使う理由はリップル購入だけで使うのもよいし、モナコインや最終的な貯金箱として使うのもよいだろう。是非使ってビットバンクの良さを感じて欲しい。隠れた名店とはまさにこのこと。初心者は数ある取引所から選ぶのは難しいがビットバンクから始めるもの決して悪くはないことが理解してもらえただろうか。読者がいい取引ができるように今後も紹介していきたい。

仮想通貨の暗号化について調べてみた

仮想通貨とは本来、暗号通貨と呼ばれる。これはセキュリティを高くするために暗号化して改ざんや流出を防ぐための暗号化技術だ。暗号化技術の歴史は古く、主に戦争で使われていた。1918年にドイツのアルトゥールが発明した電気機械式暗号機械は暗号文をタイプライターのようなもので生成ができ、終戦まで使われていた。1925年にはエニグマと呼ばれる暗号機がドイツの秘密文書で活躍した。

1940年台ともなるとコンピュータの誕生により従来の暗号機はその役目を終えることになる。それまであった暗号機と比べて、暗号化・複合のスピードが何倍も早いスピードで処理ができ、1958年には集積回路の発明でより信頼性が高い暗号化が可能となった。

1970年にはブロック暗号という共通鍵暗号という種類で、情報をひとかたまりのブロックにして処理ができるものが誕生した。ブロックチェーンの基盤はこの頃に既にあったのだ。このブロック暗号はIBMが開発した「Lucifer」が始めと言われています。

その後暗号技術は問題にぶちあたる。共通鍵を相手に送る時に、鍵自体にも暗号化をかけないと盗まれるリスクがある。鍵を暗号化するにはかなりのコストがかかるため改善案として1976年に暗号化と複合に別の鍵を使うというアイディアが生まれた。

このアイディアこそ現在の仮想通貨にも使われているRSA暗号と呼ばれるものだ。現代の公開鍵暗号という技術はスーパーコンピューターを使っても解くのに何万年もかかるという。

ビットバンクでの投資方法について

 

ビットバンクの投資方法について考えてみた。まず取扱仮想通貨は以下の6種類である。

ビットコイン(BTC)

リップル(XRP)

モナコイン(MONA)

ビットコインキャッシュ(BCC)

上記の4つが日本円で買える仮想通貨だ。そして以下の2つはbitbankだとBTC建てでしか買えない設定なのだ。

イーサリアム(ETH)

ライトコイン(LTC)

これはかなり不便といってよい。なぜこのようなシステムにしているのかが、いまだに不思議である。取引所視点でもイーサリアムとライトコインの手数料で稼ぐことが厳しくなるため、なにかしらシステムの都合なのだろう。

ビットバンクを使うなら他社の取引所よりお得に買える仮想通貨に投資するのが正解である。将来性を考えて長い目で見ればリップルだろう。そしてスキャルピングのように短期勝負であればモナコインでもよい。しかし資金がない人はモナコインではあまり利益を出すのは難しい。

時価総額という面を見ればビットコインキャッシュは外せない存在である。開発者も多く、コミュニティもそれなりに出来てきている。2017年には約21万円という高価格が記録された過去もあるため投資家たちの期待も大きい。

ビットバンクを使うなら指値注文と成行き注文を使い分けたい。BTCやBCCは変動が大きいため、価格が安いものからすぐに買える成行き注文を使うべきだ。しかしチャートがある程度落ち着いているようであれば指値でも約定はするだろう。

必ず1回は少額でどちらの注文も試してみて欲しい。

 

 

イーサリアムは良い仮想通貨だけどbitbankではBTC建て

イーサリアムとは

イーサリアムはビットコインのように決済手段としての機能はもちろんあるが、加えて自前のブロックチェーン上に分散型アプリを載せることができる。イーサリアムは若干19歳のヴィタリク・ブリテンという人物が考えたというから驚きだ。今後も若い層から色んなアイディアが出ることに期待したい。イーサリアムは開発者向けにSolidityというプログラムを作り、これを覚えればイーサリアム上で分散型アプリが開発できる。

イーサリアムの分散型アプリで有名なのはクリプトキティーズというPCのみでできるアプリで、仮想猫の売買ができる。このアプリ上でイーサリアムが頻繁に取引されたため、イーサリアムの価格が上がったとのこと。この事実を知ってからイーサリアムを買おうとしたが、ビットバンクではイーサリアムはBTC建てのみで、日本円で買えないのだ。ビットバンクは今でも好きだが、このときばかりはなんでだと納得できなかった。

結局はZaifでイーサリアムを購入

散々迷った挙げ句、Zaifでイーサリアムを購入した。いまは海外取引所を使うことを予定していて、その時用としても使えるためイーサリアムを買ったのだ。また先程少し説明したように分散がアプリの将来性は非常に高い。スマホアプリで出来るようになれば爆発的にイーサリアムの価値が上がる。また最大の特徴であるスマートコントラクトにも注目して欲しい。これはブロックチェーン上に契約を記録することが可能で、改ざんが難しいことから実用化されればイーサリアムの名がまた有名になるであろう。

ビットバンクさん早くイーサリアムをファイアットで買わせて欲しい!

リップルをはじめに買った理由

そもそもリップルとは

リップルとはこれまでになかった世界をつなぐ送金システムを目指しており、完成すれば銀行がいらないような素晴らしい技術を作ろうとしています。リップルの通貨単位はXRPと表記され、主に「システム手数料」と「送金手数料」の2つで消費されます。またリップルでは中核となるブロックチェーンのことを「XRP Ledger」と呼びます。

リップルはXRP Ledgerとは別に、ILP(インターレジャープロトコル)という異なる2者間の取引を可能にするネットワークがあります。例えばクレジットカードとビットコインのふたつで取引が出来たり、資産の移動も行えるようになります。このように国際送金は当たり前に行えますし、あらゆる決済手段を結びつけてくれる役割に将来なります。既に銀行では送金テストが成功しており、2018年で何かしら動きはあることがニュースなどから分かります。

リップル価格は上がるのか?

リップルは2017年、他の仮想通貨と比べて価格が上がりにくい状況が長く続きました。そして2017年の11~12月にかけて価格は高騰し、約350円の最高記録となりました。現在は仮想通貨全体の価格が下がっており、リップルは50円~60円ほどの価格に戻りました。

チャートは必ず反動がくるため、2018年4月は上昇の見込みはないとも言えます。またビットコイン価格に連動する取引所のシステムにより、ビットコインが下がればアルトコインも下がるというものは避けようがありません。取引所が早くビットコイン建てをなくせば改善できますが、取引所としても利益面の関係でそうはしないのが現状です。

リップルに未来を感じた

いくら価格が下がるとはいえ長期的に見れば、リップルは必ず使われるプラットフォームです。現に世界中の銀行がリップルとの提携をしています。あるファンド会社はリップルに億単位で投資するとの情報もあり、多くの支持を得ています。またリップルは財団があり、学校支援で約2900ドルの寄付をしています。これだけの余裕がある仮想通貨はそうありません。知れば知るほどリップルの買い増しをしたくなります。

また素直に応援したいというのがあります。国際送金はこれまで高い手数料と日数がかかっており、それを改善しようとしたのがビットコインです。そのビットコインよりも段違いで優れているリップルという仮想通貨をしってからはワクワクが止まりません笑

このブログを読んでくれた方がどう思うかはわかりませんが、是非リップルの良さに少しだけでも気づいてもらえたら嬉しいです。これがリップルを買う理由でした。

bitbankが好きになった理由

ビットバンクとの出会い

ビットバンクをメインに使うようになったのは、友人のすすめだった。それまではbitFlyerしか使っていなかったので、こんなに手数料が違うのかと驚いた。ビットバンクはbitFlyerと違って全てユーザー同士の取引ができる。最近まで、これを板と呼ぶのも知らなかった。専用スマホアプリがないのははじめ抵抗があったが、ブラウザ画面で全く問題なかった。友人は自動ログインがセキュリティ大丈夫かなと心配していたので、少し気にはなっているがいまのところ問題はない。

ビットバンクで買ったアルトコイン

友人にリップルを買いたいことを伝えたら2秒で「ビットバンクで!」と返ってきた。取引になれている人には当たり前になっているのかもしれない。そんなこんなでリップルを100XRPだけ買った。その後はモナコインが底値になったとの噂を聞き、これは20MONAだけ買ってある。モナコインは特徴があまりなかったので弱気になってしまった。友人は2017年にモナコインで大分買ったと喜んでいただけに気になる仮想通貨でもある。

やっぱり勝ったというのが大きい

仮想通貨はギャンブルでないのはわかるが、勝たせてもらったというのが好きになった理由として一番だろう。12月に大きくリップルが高騰したため、その後の買い増しも含め大勝したのである。やはり人間1度勝つと、またこの取引所でという気持ちになる。

ビットバンクで改善してもらいたいのはイーサリアムとライトコインがBTC建てという点であろう。これは誰が使うのか?よほどBTCの資金がないとこの通貨ペアは使わないはず。なにか戦略があるのか気になるところ、教えてくれビットバンクさん!

これからは、さらに他の取引所も使ってみようと思う。たまたま教えてくれた友人に感謝しつつ、リップルの上昇を祈るだけです。

借入金利を理解しておく必要性とは

00_PP27_PP_TP_V

借入金利はお金を借りるときに重要になりやすく、このような事について理解をしておけば問題が起こりづらいです。お金を借りた時の金利は以前はバラバラなところがあったため、利用する金融機関によって負担の差が存在していました。最近はそのような問題が解消されつつあるので、今はどの金融機関を利用しても軽い負担でお金を借りられます。

金融機関からお金を借りるときは金利負担が発生しますが、その負担は利用する人によってある程度変動します。例えば収入が多く安定した仕事をしている人の場合は、不安定な仕事をしている人に比べて金利の負担が小さくなりやすいです。そういう所があるので大手企業や公務員の人は、金融機関でお金を借りても負担が軽い特徴があります。

ただ収入が少ない人でも低金利でお金を借りられることはあり、それは金融機関を長期間利用して信頼を得ることです。金融機関は長期間支払いで問題を起こさない人を評価するので、そういう対応をしておけば金利の負担を下げてくれることがあります。そのような形ならば収入が少ない人でも対応ができますから、低金利でお金を借りたいときは利用してみるのも手です。

借入金利は法律でどの程度にするのかが定まっているので、過剰に高くなることは基本的にはありません。ただ特殊なお金を借りる方法の場合は、法律が適用されないこともあるので注意が必要になります。
しかし一般的なローンならばそのようなことはありませんから、普通に金融機関でお金を借りるときは低金利で利用ができます。金融機関からお金を借りるときは返済計画についても考えておくと、無理のない借金の返済をすることができます

借金は効率よく返済をしないとうまく減らないものですから、そういうことについては計画的に対応をする必要があります。ただ借りたお金を返すときは金利の負担も考える必要があり、そのようなことまで考えて計画を考えるのは負担が大きいです。そのようなことが気になる場合は金融機関の店舗まで行って、どういう形では返済をすればよいのか相談をすると対応がしやすくなります。

銀行や消費者金融での借入返済で気をつけるべきこととは?

hongkongDSC02636_TP_V (1)

私たちの暮らす毎日は出費の連続です。毎月の自宅の家賃や生活費、食費、公共料金、各種保険料などの支払いから、仕事上の飲み会や接待の費用捻出、家族揃って出かけるレジャーや外食、旅行費、趣味やグルメ、ファッション、美容に関する出費に至るまで、その可能性は実に様々。もちろん、それらを支払う過程ではお金が不足し、自分一人の力ではどうにもならなくなってしまうケースもあるでしょう。そのような時には銀行や消費者金融を活用して借入契約を結ぶとスピーディーかつ手軽に必要金額を手にすることが可能となります。

借入方法としては少額融資であればネットや電話などで手軽に申し込むことができるキャッシング、数十万から数百万の金額をATMから借入できるカードローンなどであれば審査時間も最短30分ほどで完了できることから急ぎの際に最適です。それ以上の金額になればおまとめローンや目的別ローン、不動産担保ローンなど審査にも手間暇が必要となるので1、2週間の時間が必要となるケースがほとんどです。

これらの便利な借入サービスを利用すると、言うまでもなく返済の義務も発生します。多くの場合、毎月の返済日までに事前に規定された金額をきちんと返さなければなりません。その方法としては指定の口座からの自動引き落としや口座振り込み、さらにATMなどから手軽に返済できたり、店舗窓口で現金にて返済できるタイプのものもあります。各銀行や業者によってその方法は様々ですので、必ず事前に確認した上で契約しなければなりません。

一方、もしもこの返済日までに入金が確認できない場合、遅れた日数の分だけ通常の利息に加えて遅延損害金が加勢されることになりますのでトータルの返済金額はさらに増していくこととなります。また、それでも返済されない場合には金融業者側からは自宅や勤務先などに返済を催促する電話がかかってくるケースも多く、家族や会社の同僚に借金トラブルについてバレてしまうことにもつながりかねません。またこれらの事態が長期化したり頻発すると信用情報機関にもその旨が記録され、信用情報に傷を残すこととなるので注意が必要です。

借入金と可能額について

お金を借りる方法として一般的なのが、銀行や消費者金融を利用する方法です。この時に覚えておかなければいけないのが、利用をすれば無限にお金を借りる事ができるという訳ではないという事です。借入の可能額というのは、その人の年収や条件によって変わってきます。年収によって利用できる借入金の金額が大きく変わるのが、消費者金融です。

消費者金融は年収の1/3以上の金額を貸す事ができないという、総量規制の対象となっています。ですから、審査を受けて借入ができるようになった時、借りる事ができる金額の上限は年収の1/3までとなります。ただ、審査を受けてすぐに年収の1/3まで借りる事が可能になるかといえばそうではなく、その人の希望額や年収等の条件に合わせた限度額が設定されます。

限度額は50万円以下で設定される事が一般的で、審査を受けてすぐに年収の1/3まで利用可能になるという事はまずありません。年収の1/3までの金額を借入したいのであれば、業者との信頼関係を築き、その後、増枠審査を受けていく事になります。この総量規制は1つの業者で年収の1/3までというものではなく、複数の業者を利用した場合でも、その合計の上限が年収の1/3までとなります。

それに対して、銀行というのは総量規制の対象外となる為、年収の1/3を超える金額であっても、銀行がそれぞれ設定している上限額までであれば利用可能となっています。ただ、勿論、銀行も審査の際に限度額を設定する事になります。その為、審査を受けてすぐにその上限額まで利用可能になるかといえばそうではなく、上限額まで利用できる人というのは、利用者の中でもほんの僅かの人だけとなります。
ただ、年収の1/3以上の金額を借りたいと考える状況になった時、銀行であれば対応して貰える可能性があります。ですから、将来的に多くのお金を借りたいと考えているのであれば、高額借入も可能な銀行を考えておくと良いでしょう。

 

 

 

近頃は賃金業者のキャッシングも基準は少々厳しめ

gori0I9A3105072103338_TP_V

人々は、しばしば借りれるか否かを気にしています。借りる事を希望していても、借りる事ができないのでは意味が無いでしょう。ですので基準が甘い会社を色々とお探しの方々も、珍しくないのですね。 ところで金融関連の会社から借りるとなると、主に2つの選択肢があります。銀行もしくは賃金業者のどちらかになるのです。

その2つのタイプの会社は、比較される事が非常に多いですね。後者の会社の場合、スピードに関するメリットがあるので、前者よりは使いやすいと思っている方も多いです。 それと後者のタイプの場合、前述の審査の難易度に関するメリットがあります。金融機関などに比べれば、難易度は比較的低いとの声が根強いのですね。 確かに、そのような一面はありますね。

金融機関でお断りになってしまった方が、賃金業者で改めて申込をした結果、通っている事例もあるからです。 ところがここ最近は、ちょっと状況が変化してきているようです。確かに一時期は賃金業者の基準は少々低めだったのですが、最近は少々厳しくなっているようなのですね。 その理由ですが、申込の件数です。

そもそもなぜ賃金業者の基準が甘かったかと申しますと、まだ顧客数が少なかったのです。やはり金融会社としては、1人でも多くの顧客を獲得したいと思っているのですね。それで多少基準を甘めにして、少しでも多くの方々を確保しようという姿勢になっていたのです。

ところが月日が経過すれば、もちろん顧客数も増加する傾向があります。現在では十分な顧客数が確保できたので、今度は基準を厳しくしている賃金業者も多いようですね。特に創業年数が長い賃金業者などは、その傾向が顕著です。

ですので最近は、金融機関と賃金業者の差は、ちょっと縮まりつつあると言われています。しかも最近の銀行は、だんだんとスピードも早くなってきているのです。手数料の低さなどを考慮すれば、前者によるキャッシングの方がメリットが大きいかもしれませんね。