借入・返済計画を立てておこう

借入金と可能額について

Posted on 2017年2月1日 by Noah

お金を借りる方法として一般的なのが、銀行や消費者金融を利用する方法です。この時に覚えておかなければいけないのが、利用をすれば無限にお金を借りる事ができるという訳ではないという事です。借入の可能額というのは、その人の年収や条件によって変わってきます。年収によって利用できる借入金の金額が大きく変わるのが、消費者金融です。

消費者金融は年収の1/3以上の金額を貸す事ができないという、総量規制の対象となっています。ですから、審査を受けて借入ができるようになった時、借りる事ができる金額の上限は年収の1/3までとなります。ただ、審査を受けてすぐに年収の1/3まで借りる事が可能になるかといえばそうではなく、その人の希望額や年収等の条件に合わせた限度額が設定されます。

限度額は50万円以下で設定される事が一般的で、審査を受けてすぐに年収の1/3まで利用可能になるという事はまずありません。年収の1/3までの金額を借入したいのであれば、業者との信頼関係を築き、その後、増枠審査を受けていく事になります。この総量規制は1つの業者で年収の1/3までというものではなく、複数の業者を利用した場合でも、その合計の上限が年収の1/3までとなります。

それに対して、銀行というのは総量規制の対象外となる為、年収の1/3を超える金額であっても、銀行がそれぞれ設定している上限額までであれば利用可能となっています。ただ、勿論、銀行も審査の際に限度額を設定する事になります。その為、審査を受けてすぐにその上限額まで利用可能になるかといえばそうではなく、上限額まで利用できる人というのは、利用者の中でもほんの僅かの人だけとなります。
ただ、年収の1/3以上の金額を借りたいと考える状況になった時、銀行であれば対応して貰える可能性があります。ですから、将来的に多くのお金を借りたいと考えているのであれば、高額借入も可能な銀行を考えておくと良いでしょう。